M&Aアドバイザリー事業

M&Aアドバイザリー事業

M&Aは規模や事業の拡大、新事業への進出、グループ再編、商圏の拡大、事業承継など行われる目的が多種多様です。
また目的によって買収、売却、業務提携、資本提携、事業譲渡、譲受など、さまざまな手法があります。

KSGでは、 企業のステージに応じた成長戦略の一環としてM&Aをご提案しています。

成長期における飛躍的成長のためのM&Aや、事業規模拡大のためのM&A戦略、踊り場を迎えた企業が再成長していくための資金を確保するためのノンコア事業の売却や、事業承継としてのオーナーがEXITを迎えるための道筋をM&Aアドバイザーとして、ステージ・企業・事業の状態などを多角的に判断した上で、進めてまいります。

 

M&Aアドバイザーの重要性

  • 単純な売却・買収の手続き業務ではなく、資金調達のアドバイスから法的リスクの排除まで広範に及び、
    M&Aを企業価値の向上につなげるために、重要な役割を果たします。

M&Aアドバイザリーの具体的な役割

  • 売り手・買い手の選定を行います。単純な引き合わせだけではなく、シナジー効果や経営者の資質・財務状況など
    多方面から分析し最も価値のある売り手・買い手の選定を行います。
  • M&Aアドバイザーは、“適切”な価格で買収・売却できるように利害関係者を調整し、
    ディールがスムーズに進む調整を行います。
  • 財務・ビジネス的側面など多方面から企業価値の算定を行います。数あるスキームの中から最も双方に
    メリットがあるスキームを採用します。
  • 当該企業の契約書の確認や、不動産関連・知的財産等の権利などの調査・アドバイスを行うことで
    買収・売却後のトラブルを防ぎます。

一般的なM&Aの流れ

【売却(譲渡)の場合】
売買契約(譲渡)の流れ
【買収(譲受)の場合 〜案件提案によるスタートの場合〜】
買収(譲受)の場合 〜案件提案によるスタートの流れ
【買収(譲受)の場合〜仕掛け型によるスタートの場合〜】
買収(譲受)の場合〜仕掛け型によるスタートの流れ

ページの先頭へ